ガス自由化の波に乗れ!乗り換えるだけでお得なガス会社比較

top > ガス自由化について > ガス自由化はプロパンではなく都市ガス

ガス自由化はプロパンではなく都市ガス

調理をしたりお風呂を沸かすときにガスを使います。
ガスの供給方法は、現在は大きく2つにわけられます。
一つはガス管を設置して、都市ガスの供給を受ける方法です。
もう一つはプロパンガスを購入して供給を受けます。
専用のタンクを配達してもらって使います。
ガス自由化が始まりますが、どのガスの自由化が行われるかです。
実は、プロパンガスは以前から特に決まりはありませんでした。
ある地域に住んでいたらこの業者から買わないといけないなどの決まりはありませんでした。
安い業者を自分で見つけることができました。
都市ガスに関しては、ガス管を設置した会社からしか供給を受けることができませんでした。
それが、ガス自由化によってその他の会社からも供給を受けられます。
と言ってもガス管を新たに設置する必要はありません。
契約書を変更するだけで簡単に変更することができます。



ガス事業法が変更されてガス自由化

ガスの供給などを行うには、ガス事業法に基づいて行う必要があります。
これまでは、各地域ごとに供給される会社が決められていました。
そのため、一定の設備などはあるのに参入することができない状態になっていました。
後から参入する会社が無ければ、競争もありません。
ガスは生活インフラでは非常に重要です。
戦後などの不安定な時期は、生活に必要なガスが安定的に供給されるように地域ごとに決められていたようです。
国営ではありませんが、競争が生まれない状態になっていました。
今はどんどん価格競争が行われる時代です。
このたび、ガス事業法が改正されたため、ガス自由化が実現しました。
それぞれの地域にある会社以外でもガス事業を新たに行うことができます。
企業などに供給しているためにすでに設備を持っている会社などが、どんどん参入してくると見込まれています。



ガス自由化によってガス管はどうなるか

生活に必要なインフラのために、いろいろな設備があります。
電気のためには電線がありますし、水道を利用するための水道管があります。
水道は上水道と下水道があります。
さらにあるのがガス管です。
こちらも水道管と同じように各家庭に直接ガス管が伸ばされています。
ではガス自由化によってガス管はどうなるかです。
まずは、今既にあるガス管はそのまま使われます。
業者を変えたとしても変わることはありません。
管理なども従来の会社が管理を行います。
ただ、ガス料金の支払いは新たに契約をした会社に行います。
将来的なことを言えば、それぞれのガス会社がガス管の設置ができます。
これまでの会社が行うこともありますし、新たな会社が行うこともあります。
その場合も、それぞれの会社のガス管を使って他のサービスを受けることもできます。
将来的に設備が充実する可能性があります。

 

カテゴリー

PAGE TOP