ガス自由化の波に乗れ!乗り換えるだけでお得なガス会社比較

top > ガス自由化について > ガス自由化と電力自由化を利用して更にお得な使用量を目指す

ガス自由化と電力自由化を利用して更にお得な使用量を目指す

2016年の電力自由化に続いて、2017年にはガス自由化も始まりました。
今まで自分で選ぶことができなかった電力事業者とガス事業者を自分で選ぶことができます。
各社電気とガスをまとめて契約すると更にお得なプランが用意されていたりするのでこのタイミングで会社やプランの見直しをお勧めします。
何から手を付けたらいいかわからない方はまずオンラインでのシミュレーションを試してみましょう。
使用量をもとに料金を計算してくれるサービスが各社HPに用意されているので活用するとお得額が把握できます。
シミュレーションでお得な金額を確実に試算するなら昨年1年間の電気、ガスの使用量が分かるものを用意しましょう。
わからない場合はある月の使用量を12か月分とみなすことも可能ですが季節によって使用量が異なるので1年分あるほうが緻密に計算できます。


シミュレーションにはたくさんプランが出てくることもありますが難しく考える必要はありません。
原則は一番金額が安くなるプランを検討に入れますが何点か注意が必要です。
まずは契約に伴う独自の条件がないかを確認しましょう。
細かい条件は約款で定められており、プランでそれほど差はありませんが期間縛りがあり、期間未達の場合解約金がかかる場合や使用量がある一定を下回るとお得にならない場合があります。
昨年1年を思い返して使いすぎた月があるようなら使用量を少し割引いて計算すると使用量のブレを減らせます。
何度もシミュレーションはできるので気になる使用量でパターンをいくつか試して納得のいくものを見つけましょう。
電気とガスをセットにした場合、ほかにもサービスをセットにした場合などバリエーションはいくらでも考えられます。
無理して全てまとめる必要はありませんが電気とガスはまとめるとお得になる傾向が強いです。


他にも電気とガスをまとめると基本使用料が割引になるプランを持っている会社もあります。
携帯電話会社なら携帯電話回線と電気、ガス、インターネットプロバイダなら月々のインターネット料金とセットなどそれ以外のサービスを組み合わせている会社もあります。
また直接の値引きにはならないもののポイントが還元され実質お得になる場合もあります。
電気、ガスの会社に特別こだわりがなければどこか1社にまとめてしまうとお得になる金額も増えます。
もともと電気やガスの供給会社でないところと契約するのは不安かもしれません。
万が一供給できない事態に陥った時は別会社が供給する契約が会社間で結ばれているので供給の安定性には差がありません。
電気代、ガス代は毎月必ずかかる固定費です。
うまくまとめて少しでもお得な方法を見つけましょう。

 

カテゴリー

PAGE TOP