ガス自由化の波に乗れ!乗り換えるだけでお得なガス会社比較

どのガス会社を選んだらよいのかわからない方へ

ガス自由化によって、電気だけでなくガスも自由化されました。そのため様々なガス会社がありますが、どのガス会社を利用したらよいのかわからずお困りの方が多くいます。そんな方はこちらの紹介サイトを上手に活用しましょう。

こちらの紹介サイトを活用するメリットは、わざわざご自身で各ガス会社を比較する必要なく、簡単にご自身に最適なガス会社を探し出すことが出来る点です。そのため各ガス会社のホームページを比較することなく簡単に最適なガス会社を探し出すことが出来ます。

少しでも節約をして家計を更に楽にしたい、そんな考えをお持ちの方に最適な紹介サイトです。日々忙しい方でも最適です。こちらの紹介サイトを上手に活用しましょう。

京葉ガス

公式サイトはコチラから

千葉県は、元々ガス会社の多い地域です。その中でも京葉ガスは千葉県においてもシェアの大きな会社の一つとして知られています。こちらでは、1箇月のガスの使用量に合わせたプランがあり、ガス自由化でよりお得になっています。

一般的なガス器具を使っていると、効率的に燃焼できない場合があります。エコシステムを利用することで、より効率的にガスを利用できます。京葉ガスでは、ガス自由化後もエコシステムを利用したサービスの提供を行っています。

暖房といえば、電気を利用であったり石油を使うこともあります。それ以外にはガスの利用もあります。京葉ガスでは、ガス自由化後でもガスを使った暖房を利用した時にお得なプランが用意されています。床暖房用のプランもあります。

東京ガス

公式サイトはコチラから

ガス自由化によって、いろいろな会社からガスの供給を受けられるようになりました。東京ガスは引き続き利用することができますが、以前よりもさらに家庭に合った料金メニューが用意されるようになっています。よりお得なプランもあります。

ガスと言いますと、ガス管を通して供給され、ガスタンクなどで貯蔵などをしないといけません。設備を管理したりする技術も必要です。ガス自由化ではいろいろな会社が選べますが、東京ガスはこれまで長く家庭に提供している実績があります。

ガス料金を決定する要因としてはガスの輸入価格、為替相場などがあります。あまりいろいろな要因で変動があるのも困ります。東京ガスは、ガス供給会社として安定的にガスの供給が行える体制が整っています。将来も確実に利用ができます。

京和ガス

公式サイトはコチラから

結局、電気とガスは両方使わなくては快適な利用ができません。ただ、最近はガス代や電気代が寝上がりしています。そこで家計のことを考えるなら両方、ダブルで利用できるところが便利になります。しかも、ガス自由化によっ自由にてガス会社を選ぶことができます。

さらにガスにはプロパンガスと都市ガス、二種類があります。しかし、プロパンガスから都市ガスへ変更するのは何かと面倒でした。ちなみに京和ガスは変更の時の相談にも乗ってもらえます。最近、太陽光発電を考える人も増えてきました。

京和ガスでは太陽光発電にも力を入れています。なので、ガスと電気が両方、同じ会社で利用できるのでしょう。おまけに手続きについても親切丁寧に説明してもらえます。つまり、エネルギーについて任せて安心できる会社だと言えます。

関西電力

公式サイトはコチラから

電力自由化、ガス自由化でこれらの業者を自由に選べるようになりました。関西電力は電力会社ですが、ガス自由化によってガスの供給サービスを行っています。電力とガスを一体化したお得なプランの利用が可能になります。

電力会社は、電力を発電するときにガスを使います。そのためにガスの貯蔵タンクなどを持っています。また、業務用の供給は何年も前から行っています。関西電力はガス自由化以前からガス供給の実績を持っているので安心です。

光熱費といえば、電力とガスの経費が気になります。これまでは別々の会社だったため、比較などが難しくなっていました。関西電力はガス自由化でガスの供給を行っています。電気もガスもこちらから受ければ、管理が簡単になります。

武陽ガス

公式サイトはコチラから

ガス自由化に伴い武陽ガスは、たくさんガスを使うご家庭がおトクになる新ガス料金を用意しています。従来のガス料金に比べ、 月々のガス使用量によりガス料金がお得になります。さらに、小売約款料金を申込みの上でガス、電気セット割の適用になります。

武陽ガスはポリエチレン管などの腐食に強く耐震性に優れた材質のガス管を使用しています。ガス設備の定期検査の際、見えないところで腐食が進行して対象となるお客さまには、新しいガス管へのお取り替えをオススメしてくれます。

武陽ガスではガスを安全に使用いただくために、すべてのお客さまを対象として4年に1回のガス設備安全定期点検を実施しています。法令点検のため費用は一切かからないです。

総武ガス

公式サイトはコチラから

ガス自由化により契約先を検討している時は、このサイトを使うと便利です。このサイトはガス自由化ランキングサイトですから、契約先に相応しいガス会社を探しやすくなっています。独自サービスを提供する魅力的なガス会社が数々ランクインしているため、最適なガス会社を見付けましょう。

総武ガスは、このサイトでもランキングに入っているガス会社で、ガスでエコな暮らしをサポートしてくれています。また、自由化に伴い電力も販売していますから、ガスと合せて契約しますとセット割引が受けられます。

そして、緊急時には24時間365日対応してくれますので、万一の際や、何か困ったことがあった場合も安心です。そのほか、自由化の対象に該当する年間取引量に達している場合は、大口供給制度の供給条件に沿って大口供給契約が結べるようになっています。

ガス自由化により選択肢は広がりました

2017年4月1日、都市ガスの小売全面自由化がスタートしました。現在、敷設されているガス管を利用して、今までの都市ガス会社だけでなく、新規参入する会社もガスを供給・販売することができるようになり、消費者は会社を自由に選ぶことができるようになりました。ガス代といっても、毎月必ず払わなければいけないものなので、料金は安い方が良いですよね。日本のガス料金は、海外と比べて高いのです。この海外との価格差を少しでも減らす、というのがガス自由化の第一の目的だと言われています。他国と比べてガスの調達に掛かるコストが高いので、料金も高くなってしまう事は、理由が地理的なものもあるので、しょうがない面もあると言えます。しかし、消費者からすれば少しでも安くしてもらいたいものです。

ガス自由化によりご家庭向けはもちろん、全てのガス小売事業への新規参入が可能になります。 新規参入の企業が増える事より、競争が促される効果が期待されます。競争により払う料金が安くなります。消費者全員が好きなガス会社や料金メニューを選択する事ができるようになるからです。どうせ支払うなら、自分で比較検討し、自分が納得いく会社やサービスにお金を払いたいですよね。自由化されると供給が不安定になるのではないか、と思う人も多いのではないでしょうか。しかし、たった1社のガス会社に全てを任せている方が、その会社に何かトラブルがあった時の影響が大きくなる可能性が高いはずです。また、ガス自由化とあわせて導管網の整備(地域同士のガス管の接続など)も進んでいくので、災害時も含めた安定供給の体制を強化する狙いがあります。

今回のガス自由化で得られるであろう効果は料金が安くなるだけではありません。参入企業が増えることで、激しい競争が起こります。価格競争には限界があるので、サービス面での競争も期待できるでしょう。今までには無かったサービスが生まれることが期待されています。ガスは現在の私達の生活には必要不可欠なものと言っても過言ではありません。災害の多い日本列島においては、オール電化などにしてしまうと、大地震が起こった時など停電してしまったら、火も使えなくなってしまいます。自分たちの生活に必要なガスだからこそ、自分のニーズに合った会社やサービスを選べるのは、非常に有意義であると言えます。しっかりと情報収集をして、賢く料金を払って、今までより安くて質の高いサービスを受けましょう。

カテゴリー

PAGE TOP